人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013組合研修旅行

毎年恒例の組合研修旅行に行ってまいりました。

今年は、サントリービール工場見学と
2013組合研修旅行_e0150006_19352930.jpg


2013組合研修旅行_e0150006_19361498.jpg


難波、スイスホテル南海のランチバイキング!
2013組合研修旅行_e0150006_1938727.jpg


通天閣
2013組合研修旅行_e0150006_19403475.jpg


ビール工場でプレミアムモルツを2杯試飲して、スイスホテルのスカイラウンジでのランチバイキングの食べすぎで お腹パンパン!

最後、鶴橋のコリアンタウンを見て回りましたが、消化器官に血液が必要だったらしく 頭が働かずほぼ迷子状態でした。

たまには 何も考えずバスで連れてってもらう旅行もいいですね004.gif

by depot-ann | 2013-10-28 19:49 | デポアン | Comments(0)

2013トップマスターズモード

昨年から滋賀県のトップマスターズモード発表会は 3会場に分けて 行なわれるようになりました。

私は、守山の「びわこファッションスクール」で行なわれた発表会に顔を出しました。

学校自体は 現在、休校状態で時々通信生のスクーリングが行なわれている程度ではないかと思われます。 マア、校舎及び設備の視察を兼ねての発表会参加といったところでした。
いろんな団体に貸し出すなどして 少しでも管理費を浮かす方がいいんでしょうね。

午前中のカットのセミナーだけ見てきました。
2013トップマスターズモード_e0150006_1552796.jpg


2013トップマスターズモード_e0150006_1553664.jpg


展開図を見れば、ヘアースタイルは把握できてしまいます。
2013トップマスターズモード_e0150006_16113827.jpg

アンダーセクションとオーバーセクションのディスコネクションのあるカットスタイルです。

アレンジとしてアンダーセクションのサイド及びネープを刈り上げるスタイルの作品も2~3展示されてました。いわゆるツーブロックですね。 ただ、オーバーセクションのサイドや耳のすぐ後ろなどは ショートスタイルでもクチビルからアゴのラインぐらいまでの長さがあって刈り上げ等の短い部分を強調するスタイルでもない感じです。 耳掛けしたり風で動いた時にチラ見せするのが奥ゆかしいんでしょうね。

by depot-ann | 2013-10-21 16:13 | デポアン | Comments(0)

チェックの日

どうでもいいことですが、・・・。

服がかぶった。

チェックの日_e0150006_144499.jpg

by depot-ann | 2013-10-18 14:04 | デポアン | Comments(0)

スタッフの披露宴

人はそれぞれ色んな人生を歩んでまいります。
今日は スタッフの結婚披露宴に招かれました。
スタッフの披露宴_e0150006_18432098.jpg
エクシヴ琵琶湖(米原)にて・・・。

私も一席!
スタッフの披露宴_e0150006_18461014.jpg
最近こういうことが多くなりましたが、慣れませんね。

その前にネイルもしてもらいました。
スタッフの披露宴_e0150006_18473696.jpg

逆フレンチネイルというやつです。さすがに全部そのままという訳にはいかず、右手の薬指と小指だけ残して あとはすぐにオフしてますけどね012.gif

by depot-ann | 2013-10-14 18:54 | デポアン | Comments(0)

ナファヌア

著名な民族植物博士、ポール・アラン・コックス氏「NAFANUA」(ナファヌア)を読んだ。
ナファヌア_e0150006_1351287.jpg


彼は、SEACOLOGY(シーコロジー)の創始者で会長でもあります。
---シーコロジー・・・地球上のあらゆる島々の環境や文化の保全を唯一の目的とした世界で初めての非営利、非政府の団体です。

ナファヌアとは、サモアの伝説の女神。サモアの森や海を守る為に現れると伝えられている。サモアでは、現地に学校を建てる資金を捻出するために エイズその他の為の薬の素となるような大変貴重な植物が豊富・絶滅の危機に瀕するサモアオオコウモリが生息する そして何より現地の方の生活の場である熱帯雨林の木々を売ってしまわなければならないような危機に遭わされていた。実際ところどころですでに森の一部は 根こそぎ植物が剥ぎ取られたような状態のところもあり、むき出しになった赤土は雨によって海にまで流され、山も海も再生が厳しい場所も存在した。

ポール・アラン・コックス氏は、自身に一切の見返りなしに ツテを頼るなどして奔走し、当時で8万6千ドルを集めて学校を建てて 森を保全することができた。
ナファヌア_e0150006_15173380.jpg

そして、現地でNAFANUAの称号を与えられた。

百年に一度の大嵐(ハリケーン)の時などは、高波で住居のほとんどが流されてしまっても 新しい学校の校舎に避難したポール・アラン・コックス氏の家族はじめその村の多くの人々の命が助かったエピソードなども書かれてました。

本を読んだだけなのに、シーコロジーのメンバーになったような気がしました。

実際、シーコロジー・ジャパンでも東日本大震災の復興に向けた取り組みなども行なわれています。
興味ある方は、イベントなどに参加されてはどうでしょう?

by depot-ann | 2013-10-08 15:21 | Comments(0)