人気ブログランキング |

小浜の名礁

磯釣りに行ってきました。小浜は西小川の村上渡船さんにお世話になり、梅雨グレ狙いです。
小浜の名礁_e0150006_16540693.jpg
ウネリもありグレの活性は低く、25センチほどを1尾のみの貧果でした。ただ、渡礁できたのは百人一首にも詠まれた「沖の石」!
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石 人こそ知らね 乾く間もなし
梅雨時だから、洗濯物が乾きにくいという歌ではなく・・・、
(私の袖は、引き潮の時にも見えない沖の石が いつも濡れているように、あなたの知らないところで乾く間もなく悲しみの涙に濡れているのです。)という意味の
二条院讃岐(源頼政の娘)の悲恋の歌です。
日本海は干満の差があまりないので、満潮になっても沈むことはありませんが 沖合7㎞ということで 天候が悪いと見えにくいし それほど遠いということでしょうね。


by depot-ann | 2020-06-23 17:19 | 釣り | Comments(0)